ポエム
[TOP]
テレビで
ある会社員が
インタビューを受けていた

「・・・参りましたね。
社長のワンマンぶりには。
社長といると本当に疲れます。
ジョーク1つ言っても怒鳴られますし、
しかし社長はよく私を冷やかしてくるんです。
また社長は私のために、と言って
よく私にプレゼントをするんですが、
私が感謝しないとまた怒鳴るんですよね。
私は欲しいなんて一言も言ってないのに。
この前その件で社長と喧嘩し、多くの人を泣かせてしまいました。・・・」

「・・・社長と社長夫人の関係は
そりゃあひどいですよ。
まるで上司と部下の関係ですね。
夫人の意見はまるで通らない
私は社長が怖いので
よく夫人へ相談事をするのですが、
私が夫人に頼ると
社長は嫉妬するし
私が社長に頼ると
社長は夫人を見下すし
だから私にはまだ
社長に秘密にしていることが
たくさんあるんです。
それを知ったら社長にまた何言われるか。・・・」

「・・・結局私や夫人は
社長の手の中で
社長のかける音楽に合わせて踊っているんです。
正直疲れたけど、やめられないんです。・・・」

「・・・私はまだ入社20年そこそこの未熟者なので
社長の機嫌を取りながら
理不尽なことにも耐えながら
これからも頑張っていきますよ。
いろいろ言いましたが
私にはやっぱり社長が必要ですし、
そもそもこの会社に入ったのは
社長と夫人との縁ですしね。」


その言葉で
幼い頃を思い出し
僕はまた胸が苦しくなった

19/11/30 14:01更新 / 砂漠色

■作者メッセージ
長くなってしまい申し訳ありません。
いつも閲覧・投票していただきありがとうございます。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c