ポエム
[TOP]
名も無き花

名も無き花は、道端に根付き、深い土の底まで根を墾る。
そして、雨に打たれ、太陽に照らされ、だんだんと成長する。
しかし、ある日名も無き花は踏まれた。
名も知らぬ男に。
そして、名も無き花は枯れ果て、自分の名も知らず散っていった。
誰にも知られず、姿を消した。
19/11/01 19:43更新 / 咲乃 涙

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c