ポエム
[TOP]
看護婦
 意志を高く持ち 思想家の一枚の

パール色の衣服を 此れを喜ぼう

震えて 汚さないで 喜ぼ

風が粋な びゆう吹き

こころを優しく奪え

そして私は育てられ 


 永遠に続く優しさは

其の中でジブンとして生きるのは

悲しいです

 生きていくために詩を書く用意などなく

ひとにはそれぞれ用意があつて

落ちてしまった者はもう一度 歩くのみに

夢を浮かべる者として

 あなたを睨んだままで居る

 嫉妬をすればするけれど

ふつうに欲は有つてね好きな事をする力があれ

アイデンティティや やつてくる








20/02/05 05:36更新 / 淤白


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c