ポエム
[TOP]
昔日の面影
会社の帰り道、歩道橋を降りると
アマチュア写真家が、シャッターを切っていた
視線を投じると、古びた商店

屋号には、「くだものおやさい、八百町商店」
小気味いい言葉並び、昭和風情残る佇まい
いつも見ていたのに、気にも留めていなかった

一頻り撮り終えた後、彼は行った
町を彷徨っては、撮影しているのだろう
昔日の面影、失われつつある時代を

移ろいゆく時代、取り残された建物たち
ファインダーを通して、どんな世界が見えているのか
確かめる間も無く、彼は行った

行った後、残ったものは
シャッターの下りた寂れた商店と、途方に暮れる私
目を閉じると、在りし日の幻影が見えた気がした

19/05/15 01:40更新 / 精玲音

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c