ポエム
[TOP]
幼なじみ
自転車で帰る途中、幼なじみの友人を見つけた。
同じ駅を利用していて、帰り道も大して変わらないのに何故か徒歩で通う奴だった。
中学までは仲が良かった。
久しぶりだと話しかけた。

自転車を押して歩こうとすると、そいつはそれを制止して、走り出した。
何故と聞けば、こう返ってきた。

「歩くのだるいじゃん」

気障な奴だなと思った。
理由を聞けば、走れば町の人に変に思われる。噂になるし、家族すら嘲笑の的になってしまうことが怖いからだと言う。

プライドが高いなと思った。
走るそいつは変だった。
両手で肩紐を引っ張ってリュックが揺れないように走って。

走り方も、考え方も全部、気持ち悪いなと思った。
19/08/31 09:42更新 / メジロ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c