ポエム
[TOP]
知らない歌
―こんな真夜中に

障子の陰から
覗いているのはだあれ?


黄ばんだ畳、軋む階段。

星霜を経ても 故郷の家は
ちゃんと私を覚えててくれた。


ふと気づくと私はひとり、
小さな部屋で歌を口ずさむ

曲が進むにつれて段々と
歌に夢中になっていく。

なのに、時折感じる視線に
振り向くと目が合ってしまう

そこにいたのは、幼き日の私。
不思議な顔をして、こっちを見ていた


それでも私は、歌うのをやめない


あなたの知らない歌を、
聞かせてあげる。
18/06/28 03:45更新 / Haruka

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c