ポエム
[TOP]
1+1+1+1+1+1+1+…
10回押したとき

私は無邪気に楽しいと思ってた

100回押したとき

この調子なら1000までいけると思った

1000回押したとき

あの子が5000まで押してたことを思い出した

5000を越えたとき

あるのはあの子への優越感

10000を越えて

100000越えたら辞めようと思い

100000を越えて

どうも心が辞めたがらず

1000000を越えて

だんだん心もなくなっていき

10000000を越えて

100000000を越えて

1000000000を越えて

続けたことを辞めるのが怖くなり

今あるものを失うのが怖くなり

私は涙目でボタンを押し続けた


いつの間にか0になっていた画面を見て

私はひどくショックを受けながら

心のどこかで安堵した
19/06/14 12:34更新 / 空雲上

■作者メッセージ
今でも電卓を見るとやりたくなります。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c