ポエム
[TOP]
指切り
大好きでした。 変わりのない事実。

それでも 小さいな刃で 「大好き」の関係は音をだして

崩れていく。

壊れたものは上辺でしか戻れない。上辺でしか笑えない。

あの日した指切りも無になるのならお互いに
「はりせんぼーんのーます」 って唄ってやらないといけない。

あんなに惨めに君が映るんだから。僕はどれだけ惨めだろう?

もう一度過去に戻れるのなら私は貴方はどんな選択をしますか?

また指を切りますか?
17/10/01 14:55更新 / 虚架百合

■作者メッセージ
指がなくならないうちに。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c