ポエム
[TOP]
詩人か死人か #まろ黒詩
思考停止
他人の蒔いたえさに
真っ先に飛びつき
奴隷に成り下がった
もはや死人

彼らの檻の中では
創作意欲で量産する
薄口のアイデアも
外見繕えば
名人の仲間入り

たどり着く生き甲斐は
檻の中での傷の舐め合い
鍵が掛かっていないのに
出ようとしないのは
歩みを止めてしまったから

私はあなたが
読みたいものを
書き上げます
どうか賞を
恵んでください

なんて命乞いをして
うまいことを書き
誰か知らない人を
喜ばせる
孤高のエンターテイナー

その一発の趣は
一題の分母にしかならず
参加賞が付くだけで
永遠の過去へ
埋もれていく

詩は人生を映し出す
「五月雨」「かわず」
だってそうだろ
経験や感性が
今でも生きてる

他人の人生を
演じるような詩は
二番煎じ
いやもう何番か
数えられない

詩は書こうとして
書くもんじゃない
気づいたら
書いてるんだよ
言葉に命を吹き込めよ

いっぱしの
詩人か詞人か歌人でも
死人でいたくはない
命は確かにここにある
君もそうだろ
20/01/17 20:30更新 / 眞六 あつし


■作者メッセージ
Twitterの世界で感じたこと。
なんだか怖い世界だ。
義務感で書くならいらない。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c