ポエム
[TOP]
生まれた時
私は一輪の花でした

誰かが私に言いました
“君はとても美しい”

時が経ち
それが偽りと知りました

偽りを知り私は
いつしか造花となりました。

香りもしない 水も飲まない
美しい偽りと化しました


誰か私をもう一度あの一輪の花に戻しては頂けないでしょうか


“本物の愛で”
19/09/14 19:08更新 / 李亜

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c