ポエム
[TOP]
酷詰みということで救われること。
美といえばナルシストになって用意がない。

ただ並べられてる造形が世界にあるだけで

人の想像など予感もしない。想像を誰彼かまわず喋るそれが端多無いゆうこと。

夢や月や、夜を守りたいから腐ることもあるし、

律ある大人だから日を待っていたのかとそんなに怒らない。

きみの夜が昼なら我慢よすべきだった。

痛い、!

きみはわたしにそれを想像しろといったのに、裏切り、

裏切り者なら潔く自分をどこまでも裏切って思うべきだがね。

理想を少し持とうよ。

自分なんか無くして。

むかつくよう。
19/01/14 15:09更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c