ポエム
[TOP]
達磨
猫は側で眠り、

私は、ある時さっき母に憤怒し、気違えて、

気が抜けて何も考える事がありません。

猫は眠っていて、可愛いのが救われるような気持ち。

私にとってはこれを見つめるのが一時の休みです。

あなたは…猫耳を付けていましたね。可愛くなりたいんですか?

私が可愛がってあげますよ。本当に。

だから私は孤独です。

何だかとても、あなたに愛情を注ぐ事で

地球さえ元気になるような気がしてなりません。

彼女もまた、喜ぶ でしょう。

エディプスコンプレックスは私も感じます。

憎しみの渦中でこそ、その一瞬の風の中で、見正しくしていくことが人間の希望です。

多少の理不尽こそ、人を人らしくする。

故に母に反抗するつもりは私にはありません。

自分の骨を折り、赦し、母を叱り、今さっきの過去を諦めること。

私は格好良ろしくなりたい。

私を滅茶苦茶にした可哀想な母を愛したい。

「愛してる」と母は言ってきますが、私にその愛は窮屈であり、

身が悶えます。私の怒りが彼女の耳には届かなかったのです。

だから言葉を連ねないと私の生活は無茶苦茶になる。


感動。

あなたは感動したのに、たったニスの色に妥協したのか。

山羊座は「使う」星座らしいですけど、星なんて協力し合うものですから、。ちなみに私の牡牛座は「感覚」です。

私は孤独です。

まだ若いあなたに沢山譲歩して、何も返ってこないだろう苦労をしていました。

ただ新たな返信が来たときは飛んで喜んで。

その仕草を運命だと諦める、というより

ただただ思っています。

何があなたに起こっているから知れないけど、

あなたの暗さも裏切りのような気持ちがするのも。

私は哀しみを暗闇で隠して休みます。

誰の言うことも聞かずあなたを受け入れ貝になります。

私が受け入れられないのか、自分より美しい人を見る意気、

根性がないのか。

応援しているのですよ。

焼き餅、嫉妬は、人がいる限りどこまでもありますから、

永遠と言ってもいい。

ですからこの辺で根性据えて

意識してその光に傷付くべきなんです。

そうやって魂を大事にするべきでした。

そしたら体が本当に軽くなり、不細工な、不出来な自分より自身が物事を始める事が出来、

それは広い世界となるでしょう。

ふわふわ浮いたところから大地にやっと立っているんですから当たり前です。

神の哀しみを受ける、そういう大和魂があなたにもあるのですから

あなた生きてください。







20/01/26 03:02更新 / 淤白


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c