ポエム
[TOP]
一人ランチ

一人の飯は不味いから
一人のときに昼飯と
一人食堂には入らない
いつしかそんな癖がつき
君とならばランチしようと
覗いて歩く裏通り

コスパがどうのと言わないが
美味しい隠れた店を探して
メーン通りから横丁へ入ると
そこは昭和の置き去りにされた
レトロな看板が並ぶ町

その日は一人雨宿り
中華料理屋の暖簾を潜り
ラーメンと半炒飯を頼んでみる
一人食べる侘びしさも
また味わいだ

君なら何を頼むだろう
湯気で曇る眼鏡拭き
新聞に目を通し
サラリーマンとずるずると
この雨いつまで降るのだろう
20/01/13 01:18更新 / シニヤ = シネー


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c