ポエム
[TOP]
孤独が増すということ
淋しさに負けて会いに行った

あなたに抱かれた夜の

喘ぎ声が翌日は嗚咽に変わった

抱かれたいのはあなたではないの

孤独が増すってこういうことなのね

快楽と一時の温もりは

私に死をちらつかせて

にやついて顔を覗きこんできた

引っ張られる感覚に

今日もまだこの場所にいるんだ

19/12/02 09:10更新 / リリス

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c