ポエム
[TOP]
喜びについて
高く羽ばたくよりも 詰まらない世を過ごす

何でもわかるより ミステリアスを行きたい

日常に何にも無い というのが、障りない程度に生く

安堵は

冷たく、あたたかく、どこか懐かしい私でありたい

友だちに疑われ、けんかして、和解して、側の新しい道を探す

現代はけんかしたらしっぱなしかもしれない

古いかもしれないが

こういう哀しき魂を 哀しいままに磨く事



20/01/17 11:48更新 / 淤白


■作者メッセージ
本当に自分に得のないことをしてこそ魂は輝くのだと思います。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c