ポエム
[TOP]
恋を歩き歩いて

黒き薔薇が

君の目の前の 誰かの震えを

己の心へ刺し、黄緑の

細い茎を歩くわ

わたしはね 股に花を打たれた

あり黒き







歩く

わたし喜んで

肌から溢れる色彩を

丸々奪われたのよ

発光をして、

灰の仔子となりて

あなたを 乗せ




歩く

あなたが

わたしと

「知らぬ、見ぬ」と

愛を遊ばせ黒き薔薇が

届かぬ惨めに

男の雨を初めてみたの

雨が降ったわ

恋を歩き歩いて

20/01/15 22:07更新 / 淤白


■作者メッセージ
運命は何もかも変わってしまうのですね。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c