ポエム
[TOP]
悲しい水


 引き裂かれた

哀しいことに、どちらを選んでも

何度やっても同じ答えが返ってくる

私とは、神になりたかった身悶えのする恥ずかしい思いのある者だ。

私とは、ちきゅうの一個の駒の人だ。

そうして侮辱に踏みにじられた花だ。



夢の中でごらん、私はマーメイドだ

陸には上がれないだろうが

君は緑(りょく)の海で 白く咲きなさい

悲しいものに欲を有(も)って 自分がまるで絶望へ向かうことなく

いきどおらず その目からただ泣いてごらんなさい

甘い香りに 騙されても良いじゃないか


小一時間の花を持った あの忘れていく神

悪魔に欺かれたって私は思っているのだ

悲しいものと喜びというものが

決して似合う筈のあるものか














20/01/14 06:26更新 / 淤白


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c