ポエム
[TOP]
恢い僕の悲しみ
 知らず知らずのうちに、どこかへ愛を訴える者でいました

けど、涙が止まらないのです

ときめきを覚え

結べなくなった

繋げなくなった

宙返りが出来なくなった

詩が書ける筈もないが

心の置き場所を探してる

どれもこれも悲しみのうたです

絶望に傷ついたサンバの踊りです

マーメイドといわれ、限られない愛は

この詩(うた)はどこまでも続いて行きます



20/01/12 16:29更新 / 淤白


■作者メッセージ
自分が絶望に対しての傷を持っていていた事を発見しました。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c