ポエム
[TOP]
光のドレス
小春日や身の丈ほどの柔らかさ

胎内に戻ったように眠る冬

日向ぼこ隣にひとり分空けて

丁寧に光のドレスを縫う氷柱

虎落笛素直になれぬ数センチ

冬銀河嬉し涙の流し方
18/02/06 20:52更新 / なさか

■作者メッセージ
冬の俳句6句

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c