ポエム
[TOP]
二羽
「どうしてあなたはこの世界に愛してると云わないの?」

主義じゃないから。理不尽だからよ。

「皆はそれとなく、そうでもどことなく分かる様に相手に接するよ。あなたの態度は、思想と言えるか?」

言えないかもしれない。…毛皮を買ったわ。

「うん、笑顔が素敵だ、何の区別に対して破壊的で、あなたのその笑顔は、。」

この愛も、どの愛もあなたが私をもし好きになったらだわ、一つの顔なんて後天的なのだから。

もう、

私のかおは誰にも分からなくていい、そう思っているのよ。

「でも、そう君の孤独で、僕が傷む事を知っている?君の吐く嘘は幼く、わかりやすいし、犬の目の様に未だに無邪気なんだ。まるで成長がどこかで止まったよう?」

なないろの顔をして、誰にもわからないような態度をする、それを私はロックだと思っていたわ。あなたを無視する、これが私の真実であるもの。月の歴史の長さを知ってる?あなたを傷つける事を長所だと思っているわ。

そういう事なの、例え正しさが存在しようが、間違いは過程として重大に有って、そして答えは、そこだけにある筈は無く、

私は親子関係の怒りの経験で知っている、

思い出じゃない生の記憶は暗くて、只月光は射し、だからこそこの心が夜でも自分の足で、行きずりだってあなたへ。私だってわかるから、わかって欲しい事があるの。

「有りうるものだよ、別に変わっていないよ。今度、花を、君にプレゼントしたいと思ってる、あなたにその意味がわかる?」

例えばでも…私が私の君への言葉に、「ちゃんとするから」と、理由を述べて、信用がどこにあるのかしら。

ハートで遊ぶ、うたがいだらけの天使たちが私たちを見ていたとして、私たちが「逃げる」とすれば、

あなたの愛によって、震え、収監したこころを、あなたにこの三角のこころをわかってほしい。

「そういうこと、ごめんなさい、僕は理解を求めたくないのに。」

私はもう…私のロボットで有る、愛を愛す、あなた詩人なのよ。だからお願い、夢をください。

「僕が、繊細だとでも?」

心は誰だって同じで、優しいから。

私たち、「ふたり」というのがもとから賢者であるよう。

間違ってるかしら?何もあきらめちゃいないわ、疑う事だって今はわかるのよ。

「せかいに愚問が多い。」

尊いことだ。

あなた、この空の歌を聞いて。何度でも。
生きる辛さと、死ぬことを選べる事の狭間で苦しまないで。

五十まで生きて。。それが私の“ありがとう”なの。

したたかに。
20/01/08 08:21更新 / 淤白


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c