ポエム
[TOP]
Vの日。減らないお菓子箱リターン
私が現在に着任中の場所はパートさんが多い。

年末。

この部屋の方にアドバイス頂いていた。

言い訳。。なのだが。

最近にして来月の帰任が決まり。

引っ越しの手配やら。

送別会前夜に

送別会パート1やら。お招き頂き。

そう。今日がなんの日か

抜け落ちておりました。

いっぱい飲まされた翌日の休みとかは寝ちゃうし。ね?

本日もオープンでハートフルな皆様は元気。

「いっちゃうの〜。寂しいわっ。ハイ!これ!!」「ハイ!これっっ!」「ドーゾー!」

不覚にも今日はお返しを用意していなかったのだが。

私のロッカーは早速お菓子箱と化した。

定番の赤色だけでなく。カラフルな包装紙に包まれたハコ達。

うん。彩り綺麗だね。

と言ってくれる常備食のカップラーメンは

このどこかでチョコのハコとチュッチュッしてるのだろう。今日は姿すらみえないし。

慣れない事に最初は悪戦苦闘だったが

人の温かさはある楽しい職場だった。

救われた



20/02/14 20:43更新 / 竹之内進


■作者メッセージ
多国籍でパワフルな女性達。慣れない私を支えて下さりありがたかった。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c