ポエム
[TOP]
チョコレート百貨店
にい、ひとの夢は計り知れない為にその永遠さの為にまもらねばならず、

だから、私のもらったこのペンダントは一等賞で、弱肉と一時的に貰うところに夢を残すの。

(妄想は何か訳のない限りまもらなくても良いが、現実は物語よりも希なりで)

あんまり、作られた輪ではなくて、自然。

あなたのいない間森でこれを抜かりなく話し合ってて、

可笑しいけどね

自然なそれが森のみんなにも受けて、私はこのペンダントをつけるの。

これってなかなか古い思想なのよ。

にいは難しい字を書くの、私にはわからない。

19/01/12 12:10更新 / ゆりぎつね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」