ポエム
[TOP]
悲夜視
見えないものを愛すように夜を殺してしまえたら
そのそばで何もせず佇むことを許されたなら
朝も昼も捨てて夢も光も消して幸せの皮を剥いで
悲しみがやってくるまで独りで待っていたい
悲しみになれるまで独りきりで待っていたい
19/02/17 16:24更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c