ポエム
[TOP]
ハムスターの独り言
わたしの世界はこの小さなゲージの中

あなたは時々外へ連れ出してくれる

でもパソコンに夢中な事の方が多い

仕事から帰るとあなたは必ず覗いてくれる

大きな手で抱き上げてくれる

手の平でくつろぐわたしの背中を

指先でそっと撫でてくれる

いつも手渡しで食事をくれる

だからわたし両手で受け止めて

一所懸命食べるのよ

時々不味いものもくれるわ

そんな時はポイしちゃうの

あなたはそんなわたしを嬉しそうに見つめてる

だからわたし最近メタボなの

回し車で頑張っては見るけれど

太ってる方が可愛いなんていうから

まあ良いかこのままでも

 
20/01/12 09:40更新 / 司門君


■作者メッセージ
 猫を飼う前に飼っていたハムスター、ジャガリアンだからJ君(分かり易い命名)。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c