ポエム
[TOP]
神よ仏よ

阿(あ)の、天上のいかづちに

いつしか傷つけられ

私(わたくし)はここまで流れた無個性な一枚紙です

今傷から立ち上がり

独り分厚い胸を晒す

傷ついたままの者もみな


優しさを浮かべた、天よ 地よ

私(わたくし)はなせる 心の中を泳ぐ 一本のさらさらした樹に
19/12/19 16:03更新 / 淤白


■作者メッセージ
偶然読んでしまった恐ろしい漫画など、日常の恐ろしさを

再構成なり、再構築なりして突き抜けて「夢」を空に掲げます

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c