ポエム
[TOP]
暑さと涙

蝉が鳴り、暑さが灼熱の様に唸る頃。
僕らは出会う。
一夏の冒険をして、夜には星空を眺める。
そんな事を昔はしたね。
今は、出来ない。
でも君が寂しくないように、側にいるよ。
君の元には行けないけど、せめて一晩だけ、君のところにいるよ。
また君と一緒に夜空を眺めたいから。
19/10/24 19:50更新 / 咲乃 涙

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c