ポエム
[TOP]
緑の光

幸福を空想しないことに
慣れる

日の落ちる前、緑の光

輝きのなかで浮かぶシャボン玉

肌寒くなってきて、手が震える

悲しみを握ったり手放したりして

誰にも聞こえないように歌をうたってる

18/10/08 03:04更新 / あいかしのみ

■作者メッセージ
もうすぐ冷たい季節になるね。
心臓だけがやけに熱く、掌に穴の空いたまま
臓器の隙間と隙間にアクマが侵入してくるから
目はぱちぱちして、四肢がかじかんだり、
ふりはらうことにばかり専念しちゃって、
まわりが見えなくなっちゃったりもするけど、
もっと寒くならないうちになにかひとつでも
きれいなものに触れられたらいいなとか。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c