ポエム
[TOP]
【短歌】東京へ、授賞式へ
東京へ、授賞式へ   工藤吉生


オレの行くときだけ雨がやんでいる予報だったがもう過去のこと

革靴になじまぬ足で歩いてるいつもの道が水中みたい

新幹線 何年ぶりに 乗ったかな 「ん」が3つある しんかんせんに

人混みを我慢して行くガマンしてがまんしてまだひとごみのなか

狭くって高くて不味い東京のうすぐらい店も旅の思い出

地下道をながく歩いて外へ出た雨の水面を白鳥うかぶ

TOKYOは外国人の多い街いずれにしてもみな他人だが

ありがとうグーグルマップのおかげだよってみんなも感謝すればいいのに

早過ぎと思っていたが遅刻する危機に気がつき心いれかわる

これまでは吊らずに済んでいた首にネクタイ巻いて受賞者オレは
19/01/06 09:27更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌10首

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」