ポエム
[TOP]
澄み渡る
海辺が広がる、そこには大したもの絶望や希望といった、
それだけの光り閃光のようなものではなく、光だけの光がある。
その為に思う。

何が良くても肯定したら駄目なことは駄目であるけれど。
その意思は何でもいいと言います。
律をもたないと人間は腐るからです。
私はスマイル。悲しみを深い所に隠し、平然を。

人は時間と経るごとに喜びを知り、
若さは故に危うく
薔薇の様に持ち、辛んで絶え行く。

喜びとは内とぞとは知っていてもいかりの中には無く、怒りを
守った私にこそ。
19/01/02 22:35更新 / ゆりぎつね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」