ポエム
[TOP]
嫉妬の果てにあるものは
あんなに悶えて苦しんだ
あの薄暗い部屋

もうあの部屋には
二度と戻らないと
心に決めた

そしてあの部屋は
私には必要がなくなった

瑞々しく
清々しく
眩しい日の光の中で

うんと、伸び上がる

眼下には
今までも、これからも
ずっと美しく懐かしい海

ここに辿りつくためには
あの部屋が必要だった
あの時間は必然だった

流した涙も、殺した嗚咽も
全部私のものだから

ようやく

誰かと比べることや
目に見えないものに心を
振り回されることが

嫉妬の根源だと
摩耗の原因だと
ようやく気づいた

憎めばいい
羨めばいい

だけどそんな自分を許せ

その先に待つ
嫉妬の果ては解脱

今は
日差しに遠慮することのない
キラキラ輝くあなたと海が

ただ、ただ
穏やかに愛おしい

そう
今、あなたに会えなくても
あなたが近くにいなくても

あなたが他の誰かと過ごして
いても

心はあの海のように
凪いでいる
19/07/26 20:17更新 / リュブリュー

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c