ポエム
[TOP]
てんとうむし
ヒメジョオンの上のてんとうむしを
そっとつまんで 手のひらにのせる

指をぴんと立てれば
てんとうむしは てっぺんにのぼる

そうして
赤と黒のその硬い体のしたから
ゆっくりと もう一枚の羽を出す

薄く 透ける 茶色の羽
まるで琥珀

そのままふわりと そらへ向かって飛ぶ

生きている


それは あなたも
私も

夢の羽を枯らさないように
大切にしよう
いつか飛ぶときのために
その赤い 温かい心に秘めておくのだ

風が強く吹いていても
17/12/05 07:31更新 / なさか

■作者メッセージ
てんとうむしが飛ぶのに使っているのはあの赤と黒の羽ではなく、その下の茶色い薄い羽

可能性はある

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c