ポエム
[TOP]
負けそうな日も
…想いをよせ、慕う人と会うのは

仕事中だけ。

告白も呼び出しもしにくい職場。

それに

年齢や立場がさらに、恋を阻む。…

実る可能性も低そうな恋さ。


何度も何度も何度も…
キミを目で追い
何度も何度も何度も…
キミを想って

「今日こそは」なんて
考えながらキミが働くフロアに降りる。



すぐにキミを見つけても

「また、今日も話せそうにないな」って…

少しの時間を粘ったあと

…エレベータのボタンを押す。


探し、見つけ、諦め、うつむき…エレベータに向かう
俺の姿を
俺自信が

まるでコマ送りのように想像できてしまう。


その想像のコマ送りはカラーからセピア色に
セピア色からモノクロに変わるように。
寂し気なものを、思い浮かべてしまう。


自分の事なのに、自分で負け戦を想像してしまう。

負けそうなんだ。



でも、負けそうな日だから。負けそうな日だからこそ


だからこそ


だからこそ

…何も打つ手はなく

次の朝がきている。



19/06/06 07:36更新 / かなめ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c