ポエム
[TOP]
闇は
伊勢のおかげ横丁で茶わんを買いました。

それで机の上で茶を飲んでるとき不図、光に自分が壊れてしまう思いになりました。歓びを持って壊れそうなのです。

人の繊細な感情や生活に傷付き、このまま天に浮きます。人間の嬉しさとです。

このように想像であり、興味があって、窺ってはみても、自分を自分で盡を取れないのは、

力不足だ。


19/01/02 22:44更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c