ポエム
[TOP]
一年分の強がり
春が嫌いだった。
何もかも奪うから。
桜が咲くのは全部終わった後じゃないか。
見に行こうって口実も作れないんだ。
出会いより別れが痛くて、それに慣れたくなかった。

夏の歌が好きだった。
茹だるような暑さは苦手だけどかき氷と花火は別。
儚いこと知っててもいつまでだって続きそうで。
全力で歌ってた。
汗か涙かなんて覚えちゃいない。

秋と戦っていた。
時間が刻々過ぎていくのを無視して張り切った。
やりたいことも見たいことも多すぎて。
祭りに行事、紅葉は生憎見れなかったけど。
風は冷たくなっていく。

冬はやっぱり寒かった。
どうしてか、一人を感じた。
春ばかりが見えた。
凍えそうで、笑えなくて、雪にはしゃぐ元気も無くて。
ただ淋しかった。

もうすぐ春が来る。
ただそれだけが痛くて、泣きたくなる。
けれどもう少しだけ、笑わなくちゃ。
幸せだった、って言ってやるんだ。

19/02/12 07:46更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
一年分の一人ぼっちを強がってやろうぜ
追いかけたなんて嘘でも言わないように

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c