ポエム
[TOP]
無題
目を覚ました時の世界が綺麗だった事を忘れない
3日眠ったままあのまま目を覚まさなかったらよかったと思う日もある
だけどあの朝目が覚めた時 世界が白く輝いていた
世界が綺麗だった
腐った気持ち
腐った心にこんなに世界が綺麗だったんだと気付かされた
そんな日だった
今はまた腐り始めてる
でもあの輝きを忘れてない
見るもの全てが綺麗だった
見る人全てが美しかった
目を覚ましてよかったと思う時だった
でも今は覚まさなきゃ良かったと思う時がある
その時はあの時の事を思い出して
諦めの毎日を終わらせたいと思う時もある
暗闇に落ちそうな時
あの白く輝く世界を思い出す
でも今はその記憶も負けそうだ
負けてたまるかとがむしゃらに生きてきた
それが全て無駄だったんだと思う時がある
目を覚まさなかったらこんな思いしなかったのだろうか
目を覚まさなかったら夢の中で幸せだったのだろうか
そんな事を思う
これは夢の続きでまだ目を覚ましてないだけなのだろうか
痛みも苦しみもない世界があるのなら
私は行ってみたい
これが神の意思ならば辛すぎる
あの時見たものは幻想だったんじゃないかと思わされる
まだ希望はあるのだろうか
この世界にしがみついててもいいのだろうか
記憶を全部無くしてまた新しい世界にいけたならこの辛さから逃げられるのだろうか
逃げるだけの人生でいいのだろうか
全て諦める人生をまだ続けるの?
全てから逃げる人生をまだ続けるの?
なぜ戦わないの?
戦えないから
弱い自分だから
全てを世界のせいにして生きていく
そんな生き方しか知らない
目の前が霞んでる生き方しかしらない
あの時の光は何を意味してるのか
まだ答えがみつからない
19/12/17 09:13更新 / 悲しくても笑う道化師


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c