ポエム
[TOP]
【短歌】男乃道
「男乃道」


誰か死ぬたび平成が終わったと言われて飽きる平成の終わり

九千円たしかにあって受け取ってけれどもごまかされてる感じ

レシートはいろいろ書いてあるねえとひらひらさせるゴミ箱の上

理想郷 生寿司(2割引)のあとヨーグルト(58円)もある

そんなのがいくらでもでてくるんでしょピアノと管楽器の二重奏

ぐきぐきに曲がった松の枝振りの「でや」とテニスの球を打つ人

トラックに「男乃道」と書いてあるオレと関係なさそうな道

電線にとまるだなんてできる気がしない スズメに生まれたくない

天空の城に住んだらゴミのような人を見下ろし泣く日もあろう

霊になり歩く自分と仮定して暮れた地面に空を見上げる
18/11/19 10:20更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌10首

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c