ポエム
[TOP]
モーメント
あの日君が泣いたわけをずっと考えてた
夏の花火と膝小僧
流れ星が明け方の空に吸い込まれて
僕のなかで時がとまる
まだ間に合うかな まだ君に届くかな

近寄ってそっと触れて絡まっていくこの心
出会ったころの記憶たどっていけば ほら
昨日の僕が涙をこらえたことなんて
忘れるくらい ふたり ほどけていく

もう一度 何もない場所から始めよう
課していた罰なんてどうだっていい
自分のことが許せてしまうくらいに
君に会いたい気持ち 募っていく
19/09/06 21:31更新 / いまり

■作者メッセージ
米津玄師の「アイネクライネ」を聴きながら書きました

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c