ポエム
[TOP]
快晴
快晴の空は綺麗だね

いつか隣で君がそう言ったのを思い出した

僕は確かに綺麗だと返した

だけれども、僕にはね

快晴の空は寂しくも観えたんだ


雲一つ無い空ははたして幸せなのだろうか

『雲』という

いつも傍にある腹心の友的存在が無いのでは、欠けているのは

『空』にとって心許無く

何処と無く虚しい気持ちになるのではないか

そう思えたんだ





17/01/19 07:27更新 / 宵月

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c