ポエム
[TOP]
シングルベッド
あなたの腕の中で眠るの
幸せなの
額にかるあなたの寝息
でも、どこかで素直に喜べなくて


そうこうしてると夢に入りそうになる
同じ姿勢のままだから
体がびくっとしてしまった
起きたかな


あなたは無意識に
私を抱き寄せた
窓に差し込む日の光のように
暖かく、優しい

夕方の4時のシングルベッド
もう少し
あともう少し隣で幸せに寝ててもいいかな
19/06/14 01:08更新 / エターニティー

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c