ポエム
[TOP]
好きだから
ごめんって心から零れて行く

好きだから、ねぇ。

笑って、なかったことにしないで

つらいから、かなしいから

可愛いって言ってくれる声が愛おしかった

傷つくことくらい、知っていたはずなのに。

忘れさられた言の葉の中。

無機質な文字体に乾ききった心を載せる。

誰も知らない、無慈悲な恋心には

白いガラスの雫を垂らす。
17/07/02 18:58更新 / 露風

■作者メッセージ
本当にあったかは誰も知らない、片思いの詩

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」