ポエム
[TOP]
耳なり
その声はまるで呪縛のように
僕をここから離すまいと押さえて
どれだけ逃げても僕はそれらから
逃れることなどできないのだろう
きっとこれから先この声たちは
何度も頭で暴れまわり僕を抉るだろう
耳に残った怒鳴り声や泣き声が全部
混じりあってその意味すら崩しあって
まるで耳なりのように僕をつんざいた
嗚呼、なんて煩わしい
19/02/28 16:24更新 / あむ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c