ポエム
[TOP]
ぼくは。
ぼくは日陰しか歩けない
寒くてじめじめしたところ
のろまで歩くの遅いから
いつも追い越されてばかり

ぼくは日向を歩けない
明るくて熱いから歩けない
のろまで歩くの遅いから
いつも置いていかれるよ

ぼくはきっと蝸牛
日陰が好きな蝸牛
ぼくの名前は蝸牛
日向を歩けぬ蝸牛

それでもゆっくり歩いてく
それでもゆっくり歩いてく

ぼくは。 鳥山歩結
19/03/01 13:43更新 / 鳥山渉

■作者メッセージ
もう直ぐ卒業シーズンですね。
卒業される皆様 おめでとうございます。
地元の友達はみんな都会へ行ってしまいます。
鳥山もゆっくりゆっくり 歩いていきます。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c