ポエム
[TOP]
赤い靴
馬鹿の無理矢理の愚鈍さ。最終的に自己肯定に走る。染まった白っぽい魂
そのくろいの全部自分なのに、頭が悪さとは不幸を見抜くことも無く抱えないことね。
やな大人、自分の末路をそこら中で泣きわめき、おのずのした事も忘れ受け取らない。
そして表の大事な人にわからないよう人に指をさす。そんな奴に遠方を臨む力はないに決まってる。そんな自分をカバーするように動いてれは良いさ
こんな風に粗末に思うのは性別を自分で変え全否定したあげく人をゴミ箱にした君のせい
恋等言い訳に逃げてふわふわのぬいぐるみみたい
数字の3みたいな目で
受け止める力はあるけど私先に死ぬから

19/08/23 08:28更新 / 淤白

■作者メッセージ
後から泣きそうになりました。
相手を知ることしか出来ないのでしょうか。未だ思ってもない疑いの詩が描かれます。オラオラですと駄目ですね。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c