ポエム
[TOP]
その少女は。

ある日のことでした。
小さくかよわい少女の家は、
火事で丸焦げに
なってしまいました。

肌が白く
風に揺れる髪は
絹にように美しい。
そんな少女は
まるでお人形のようでした。

少女は
悲しくも
寂しくも
嬉しくも
ありません。

ある日のことでした。
少女はある人たちにあって、
人間らしい感情を
取り戻しました。

声のなかった
少女は言います。
「素敵な声」

そして、少女は…



18/09/28 17:28更新 / 貴野 泪

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c