ポエム
[TOP]
ホットコーヒー1杯分の待ち時間
雪虫が舞い始める季節に
見上げる空は儚い気がして
帰り道にはいつもの車列
様々な色のランプが明滅する

いつもは気にならない筈の
怠い足を動かすという行動
その足はコンビニに向かう

ひとまず風から逃れて
目的もなく取り敢えず
ホットコーヒーを買って
猫舌な私は啜って飲んだ

変わらない私
季節は確実に変わってゆく
秋が終わる
私は変わらない

私は一体何を待ってる

顔を上げた先
一体何が変わる訳もなく
車列が灯す光を辿ってる

そこに見知った友人の姿を見かけて
コーヒーがまだ温かいうちに
本音は行方を眩ました

あと少し経ったら雪が
本格的に全てを隠すのだろう
鬱陶しい雪虫を払って
笑顔を向ける
15/12/15 23:36更新 / キョーカ

■作者メッセージ
タイトル(御題)は「彗星03号は落下した」より

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c