ポエム
[TOP]
愛を贈るまで
もう戻らない
貴方といた幸せな日々
夢に見るたび
心が崩れていく

あのときこうしていれば

なんて後悔は数え切れない
最期まで
素直になれなかった
臆病な私

愛している

届かない言葉は
しゃぼん玉のように
飛んで消えた

返事がないことに
現実が迫ってくるようで
独り静かに
泣いていた

長い旅路を
独り歩く
貴方を忘れぬよう
哀を抱いて














誰よりも愛しい貴方に
愛を込めて
言葉を贈る
その日まで
19/09/05 00:58更新 /

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c