ポエム
[TOP]
黒猫
彼女は輝く銀河の闇から生まれた

しなやかな体と誇り高い仕草は

僕を魅了して止まない

彼女は時々風や蝶に姿を変える

窓から外を眺めていると思ったら

ひらりと身を翻し黒いアゲハになり

庭の草花の上を飛び回っている

そして飽きると僕の足元に来て

みゃーみゃーと甘ったるい声で話し掛ける

僕が彼女のビロードのような身体を撫でると

二度ほど触れるのを許すが

三度目はするりと僕の手を躱(かわ)し

その小生意気な鼻を天にむけ

長い尻尾をピンと立て

まるで貴婦人のような気取りで歩き去り

またアゲハになって飛び出した

優雅にひらひらと舞っているかと思うと

風の様に素早い奴で

もう僕のベッドの上に居て大きく伸びをした

19/11/20 20:27更新 / 司門君

■作者メッセージ
 我が家の黒猫クロエのこと、可愛いやつです。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c