ポエム
[TOP]
小さな光
恵みの光と言うけれど 私は太陽が嫌いだ
ギラギラと眩しくて、眩しくて
視界がくらんでしまって見ることすらできない

夜の希望と言うけれど 私は月が嫌いだ
闇すら照らす姿は綺麗で、綺麗で
どうにも引け目を感じてしまって目を背けたくなる

小さく 弱々しく 名前すらわかない
それでも私は星が一番好きだ
本当に小さいかなんてここからじゃわからないから
私が知らないだけでちゃんと名前を持っているから
弱々しさはきっと、何気ない優しさの象徴だから
19/02/23 21:32更新 / あむ

■作者メッセージ
だから言うのですよ
「君は星みたいだね」なんてくさいこと

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c