ポエム
[TOP]
光れや
窓めがけて落ちる陽光が
ナイフになって散らばった床
いっそ踏み抜いてしまえよ
どうせ影にしかなれないのさ
こんな光にあてられ
狂ったんだ
全部
聞こえなくなったよ
雨の断末魔 風の走る跡
叫ぶ歌だって君の声も僕の声も
怖いものしかないさ
それだって
惰性で動く足が止まらない
息を続けてしまうのだ
19/02/10 17:24更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c