ポエム
[TOP]
プール

きみは
真冬のプールサイドで
わらっていたね

ぼくは
勇気がなくて
とてもじゃないけど
とびこめない

粉雪がまう

ぼくは
悲しくなんてないよ
家に帰って
テレビでも見るから

透明に
こころのなかで
結晶したのは
きみですか

どうか
とけていくまえに
ぼくを
うけとってください

まあ
そんな場合じゃないけど

きみに
手袋あげたかった
片方でも
あげたかった

あはは
冗談だよ

きみの
スクール水着が
まぶしいよ

ほら
音楽室から
先生がこっちをのぞいてる

もう
帰ろうよ
18/02/11 13:37更新 / 月日

■作者メッセージ
読んでいただき ありがとうございます

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c